田中成和のブログ

お気軽にフォローしてください。

HRMマネジメントについて

JDR.株式会社の田中成和です。
マネジメント理論について紹介します。

HRMとはHumanResourceManagementの略です。
人的資源の管理や人材マネジメントと言われるものになります。

企業の中には、どんな財産よりも人材が宝であるとする経営者も多いです。
人材を必要なだけ確保し、しっかり指導や研修をしていくことこそが、企業が大きな売り上げを実現し飛躍していくものと信じられています。

この理論は世界中の企業に取り入れられている最もポピュラーでスタンダードな経営理論でしょう。
そのため新入社員で会社に入社すれば、必ずと言っていいほど研修や合宿、勉強会などが実施されてます。

昨今は管理職に向けた研修制度も非常に充実した企業が多くなってきました。
単に管理職は部下に命令すれば売り上げが伸び、目標やノルマが達成されるというものではありません。

管理職研修では考える力を養い、主体的に率先してリーダーシップをはかる手法などもレクチャーされるんです。
主に企業においてはHRMマネジメントは人事部が管轄で、様々な研修制度や勉強会などが企画されます。

JDR.株式会社 代表取締役
田中成和

ダイバーシティというビジネスマネジメント

JDR.株式会社の田中成和です。
マネジメント理論について紹介します。

日本の企業は長きにわたって男社会でありました。
女性は結婚すると出産の為に退職したり産休に入るという理由で、積極的に雇用したり正社員として採用しないことが多かった時代があります。

男女雇用機会均等法の制定や働き方改革によって、多少女性の社会進出が顕著になりましたが、日本は男女の性的役割を重視することが多く、女性は給与や待遇面でも低く設定され、出産後は退職を余儀なくされることが今でも少なくありません。
これでは一向に新しい考え方や新しい風が企業組織に吹き込んでは来ません。

旧態依然の考え方や固定概念で企業経営されるので、斬新なアイデアや新しいサービスや製品開発などが見られないのです。
企業が新たなアイデアを生み出し、競争に打ち勝ち生き残るためにはダイバーシティマネジメント理論が大事です。

ダイバーシティとは多様性を意味し、性別や属性に拘らず、様々な人を雇用し、意見を戦わせ新たな考えやアイデアを生み出していくマネジメント理論です。
女性の細やかさ、繊細なものの見方や気の利いた仕事ぶりは、男性にはない部分です。

このような違った価値観や良いところを取り入れ、お互いに高めあうことが大事です。

JDR.株式会社 代表取締役
田中成和

R&D人材が企業に大事な訳

JDR.株式会社の田中成和です。
R&Dについて紹介します。

企業において人材は宝であると言います。
社員があってこそ、社員が一生懸命努力してこそ大きな売り上げを達成でき、企業が大きく成長していくことが出来る事を忘れてはいけません。

そして最近ではR&D人材に力を入れる企業も多くなっているんです。
R&D人材とはリサーチ&ディベロップメントを指す言葉であり、研究開発の人材を意味します。
企業においてこうした研究開発に取り組む人材を置くことは非常に大事なことです。

企業のマネジメントでは競合他社に勝ち、他のどこの企業にも負けない情報や研究、独自の技術やノウハウを持つことは、厳しい競争社会を生きぬくために大事な訳なのです。
たしかにR&D人材を雇用することは、研究室や什器、研究開発費の投入、人件費など非常に経費が掛かることではあります。

だがこれをおろそかにしてしまうと、新たな良い製品や良いサービスの提供に結び付かず、競合他社に出し抜かれるばかりになり、企業の存亡にも関わってきます。
このように企業同士が積極的にR&D人材を採用することは、競争が激化し消費者に取ってはより良い製品やサービスを受けられることになりメリットも大きいのです。

JDR.株式会社 代表取締役
田中成和

ブレンディッドラーニングの概要と人材マネジメントでの実践例

JDR.株式会社の田中成和です。
マネジメント理論について紹介します。

ブレンディッドラーニングとは、人材マネジメントで用いられる指導方法の一つです。
単一ではなく複数の手法を組み合わせて、それぞれの手法のメリットを最大限に活用する学習形態のことをいいます。

手法は大きく分けて5つです。「動画・写真・SNSなどの学習コンテンツ」や「学習活動(講義・アンケート・テスト)」だけでなく、「学習者」「認知科学・脳神経科学・心理学といったセオリー」「提供方法(オンライン・オフライン・一方向・双方向)」といった様々な手法があり、多様な組み合わせが可能となっています。

また、ブレンディッドラーニングの効果は心理学・認知科学・行動科学などから明示されているため、感覚的な運営に頼らないで学習効果を高めることができます。
このブレンディッドラーニングの実践例として、集合研修とeラーニングの組み合わせが挙げられます。

スキルの習得や学習の動機づけを集合研修で行い、知識の習得はeラーニングで行うのです。
これにより、知識一辺倒になるリスクが軽減されます。
つまりブレンディッドラーニングは、柔軟な人材育成に不可欠な指導方法であるといえます。

JDR.株式会社 代表取締役
田中成和

ゼロベース思考のマネジメント理論とは

JDR.株式会社の田中成和です。
マネジメント理論について紹介します。

ゼロベース思考とは、その名通り「ゼロ」の状態から様々な事を考える思考方法です。
長い間会社で働いていると会社や社会の仕組み、経験や実績など今までの既成概念にとらわれた考え方に知らず知らずのうちに縛られています。

それを一旦すべて取っ払って考えることで、柔軟でかつ斬新な考えが生まれます。
ビジネスにおける課題を従来とは違う視点から捉えることで新たな突破口を開くことができます。

ゼロベース思考の理論は特別な事ではありません。
普段の仕事で経営者から社員まで一人ひとりの考え方や姿勢を少し変えるだけで実施できる方法です。

今まで当たり前と思っていたルールや暗黙の了解などを打ち破ることで、新たなマネジメント方法の発見や人材の発掘なども期待できます。
会社で古い慣習や手法などを変えていくのは全員の意識改革がないと容易ではありません。

変動が激しい世の中で会社の業績が伸び悩むようであれば、社会のニーズなどに合わなくなっている可能性があります。
今までのやり方では通用していないということなので、ゼロベース思考を取り入れて見直してみると良いでしょう。

JDR.株式会社 代表取締役
田中成和

インセンティブによるマネジメントは仕事の活性化を促すことに貢献

JDR.株式会社の田中成和です。
マネジメント理論について紹介します。

インセンティブによる方法を人事評価システムに導入することによって、従業員の業務のモチベーションをアップすることが可能です。
人を動かす動機には自分に利が存在することが一つの要素になるのは言うまでもなく、それによって素晴らしい仕事を生み出すことにも繋がります。

そのインセンティブのマネジメントにおいては、目標やノルマの達成で生じるケースが多く、例えば貢献度に応じて報酬を支払う仕組みになります。
もっとも金銭的な報酬にとどまらず、表彰・旅行などの副賞を与える・昇給するなど様々なインセンティブのあり方が存在します。

近年はインセンティブマネジメントを採用する企業も増えており、その理由には優秀な人材の確保・企業のビジョンに賛同している人材の定着にも繋がるからです。
例えばフリマアプリを運営するメルカリでも導入をされており、社員同士で感謝の気持ちを少額の報酬によるチップ制を採用しています。

貯まったチップはポイント制なので、1ポイントを1円ベースで給与に反映させるシステムになっております。
こうしたユニークな取り組みで、社員同士のコミュニケーションが活性化させ、仕事にも良き影響を与えます。

JDR.株式会社 代表取締役
田中成和

企業コンセプトについて考えるときに注意すべき点

JDR.株式会社の田中成和です。
マネジメント理論について紹介します。

マネジメントは、組織の中では欠かすことができない重要な概念です。
マネジメントの考え方はマネジメントの父ともよばれていた人物が提唱したもので、この理論は現代においても多くの書籍で学習することができます。
適切なマネジメントを行うためには定義を定めて目標を立てる、マーケティングを行い改善を図る、この4つが欠かせません。
この4つの中には企業コンセプトを明確にしておくことも重要で、定義を定める段階においても自らの事業はどのようなものであるのか定義する、これに関連付けるよう企業コンセプトを作り出す必要があるわけです。

目標を立てる段階では、顧客のニーズに応える目的で組織は存在しているわけで、顧客創造の目的を達成するためにも明確な目標を設定しなければなりません。
マーケティングの段階では、顧客がどのようなことを求めているのかを把握する、マーケティングの結果に基づき改善を図るなどの流れで行います。
ちなみに、企業コンセプトは会社のアイディアをビジネス構想として具体的に整理したもの、具体的には「誰に」「何を」「どのように」、このような視点でまとめることが大切です。

JDR.株式会社 代表取締役
田中成和